健康保険の内容とかを見てみると

日本では国民皆保険という考え方のもとで、誰もがなんらかの方法で健康保険に加入するということになっています。 これは生活保護などを受けている人などを除いてみんなが何かしらの保険に入っていて、保険者が医療費の一部負担をするということでそれぞれの負担を軽くするということが主たる目的になっているのです。この健康保険というものは社会人になると親の扶養から外れまして会社や共済組合なんかのものに加入するということになりますから、そこで初めて意識をするということになるものです。保険に入っている証としてもらう保険証というものはそれがそのまま身分証明書になるということもあって、かなり大きな意味を持つ制度ということがいえますし、実際に病気になったときには当たり前のように出すのであまり意識はしないのですけど、明細書なんかを見るとその負担率なんかを見て驚くということがあるのです。この制度はみんなが負担をすることで結果的にそれぞれの負担率を少なくしているということがありまして、日本のものはとても先進的というふうにいわれていますから、病気になっても安心して治療を受けることができるようになっているのです。